クラウド運用とは

クラウド運用とは、ビジネスに求められる可用性、パフォーマンス、復元性、品質、スケーラビリティを満たすクラウドサービスを管理し、提供するための機能です。クラウド センターオブエクセレンス(「CCoE」)のクラウド運用の領域では、クラウドの使用におけるベスト プラクティスの開発と普及を担い、部門横断的なチームと連携して複数のプロセスにベスト プラクティスを導入することで、継続的なガバナンスを促進します。

クラウドの運用とガバナンスを成功に導くプラクティスを構築する方法をご紹介します。

クラウド運用のメリット

クラウド運用の最適化を通じて組織がメリットを得るためのさまざまな方法をご紹介します。

クラウド運用のメリット

クラウド運用の最適化を通じて組織がメリットを得るためのさまざまな方法をご紹介します。

クラウドの可視化

パブリッククラウド、ハイブリッドクラウド、コンテナ化された環境を可視化し、リソース消費の傾向を分析できます。データをプロジェクト、アプリケーション、チーム、部門別に分類することで、各チームはクラウド使用についての責任を適正に負担することができます。

インフラストラクチャの最適化

実際のワークロードを考慮してカスタマイズされた、ライトサイジングに関する推奨事項に基づいて、リソースの使用率を向上させ、無駄な支出を削減できます。パフォーマンス データとプロビジョニングされたキャパシティを比較することで、縮小や停止が可能なアセットを簡単に特定できます。

ガバナンスと自動化

CloudHealth の動的ポリシー エンジンにより、使用率やプロビジョニングのガイドラインを各チームやプロジェクトで順守させるようにできるため、IT 部門は、より戦略的なタスクに取り組むための時間を確保できるようになります。望ましい状態から逸脱したときには警告を発するようにし、自動アクションを有効にして環境内に変更を実装することもできます。

運用の標準化

組織のニーズに合わせてカスタマイズしたポリシーとワークフローを使用し、クラウド環境を管理できます。クラウドのパフォーマンス、使用率、コストがビジネスの重要なメトリックやサービスレベル アグリーメント(SLA)にどのように影響を与えるかを監視するダッシュボードやレポートを主要なステークホルダーと共有することができます。 

CloudHealth による可視性を利用するようになってまもなく、問題解決に取り組めるようになり、特定の顧客が当社のインフラストラクチャを過剰に消費しても売上原価(COGS)の急激な上昇を回避できるようになりました
— Segment、Chief Product Development Officer、Tido Carriero 氏

クラウド運用のベスト プラクティス

タグ付け戦略の導入

ビジネス部門、チーム、部門、アプリケーション、プロジェクトに対するインフラストラクチャの影響についてレポートを作成できるように、一貫性のあるタグ付け戦略を策定します。

定義と文書化

インフラストラクチャの標準的な構成を定義し、文書化します。リージョン、インフラストラクチャのタイプ、OS、使用率が低いインフラストラクチャのしきい値の設定などは、検討が必要な分野です。

最適化の促進

最適化を推進するには、チームの動機付けやインセンティブの提供が重要です。各部門の行動を変化させる効果的な取り組みとしては、最適化の機会とともに、それがどのような成果につながるかを示すことが挙げられます。

アクションの自動化

ポリシーを実装し、自動アクションを設定することで、従業員の時間をより戦略的なタスクに振り向けることができます。

アラートとレポート作成の拡張

プロビジョニング、オーケストレーション、構成管理、モニタリングなどで使用しているツールにアラートやレポート作成機能を統合できます。

導入に向けて

クラウドを利用してビジネスを変革するにあたり、CloudHealth by VMware がどのように役立つかをお確かめください。