CloudHealth をデータセンターへ拡張

vRealize Operations との連携により、vSphere のデータを CloudHealth に取り込み、ハイブリッドクラウド アーキテクチャをすべて 1 か所で管理できます。

コストの可視化とベンチマーキング

データセンターのすべてのコストを正確かつ包括的に可視化できます。

Migration Assessment

オンプレミスでの使用状況と構成をもとに、選択したパブリッククラウドに移行する場合の TCO を確認できます。

使用方法に対するガバナンス

適切なタグ付けが維持されるようにガードレールを設定し、ポリシー違反の発生をプロアクティブにアラートで通知できます。

データセンターを詳細に可視化

Cloudhealth データセンターの管理(リソースの可視化)のイメージ

CloudHealth でハイブリッドクラウド/マルチクラウド環境を包括的に可視化

  • 電力や冷却などの運用コストを含め、データセンターのすべてのコストを詳細に可視化し、正確な財務レポートを作成
  • データセンターの実際の運用コストに基づいてコスト ドライバをカスタマイズ。または既定の業界ベンチマークを使用
  • 過去のリソース使用状況を示すメトリックを表示、データセンターのリソース使用量とコストを正確に予測、コスト管理のためのショーバックを提供

移行における信頼性

CloudHealth データセンターの管理(リソースの移行)のイメージ

CloudHealth Migration Assessment を使用してパブリッククラウドへの移行を計画

  • 詳細なデータを使用し、ワークロードの移行に関する意思決定を迅速化
  • 各パブリッククラウドのさまざまなリージョンやアベイラビリティ ゾーンにワークロードを移行した場合のコストを比較できるため、より多くの情報に基づいたスマートな意思決定が可能
  • 既存の構成や利用状況に基づいて移行アセスメントを実施することで、実際のコストを確認して予約リソースの使用を最適化

CloudHealth のガイドで、移行への投資を最大限に活かすためのインサイトとベスト プラクティスをご確認ください。

データセンターのリソース使用状況を管理

CloudHealth データセンターの管理(リソースの使用)のイメージ

CloudHealth の推奨事項を活用してポリシーを設定し、リソースの使用を最適化

  • アイドル状態のリソースや使用率の低いリソースを特定することで、無駄な支出を減らして、ワークロード配置を最適化
  • インフラストラクチャを最適な状態に維持し、不正なサービスを禁止し、コストを管理するためのカスタム ポリシーを作成
  • ポリシーの違反があった場合は、トリガーを発生させて必要なステークホルダーに通知

CloudHealth by VMware Suite を無償でお試しいただけます

CloudHealth の機能をデータセンターやハイブリッドクラウドにまで拡張する方法をお確かめください。